高木さんの祖父が撮影した物部村

こどもの頃、夏休みや春休みになるとすぐ、母方の祖父母が住む高知に帰るのが常でした。地元の日曜市に自作の田舎寿司を出す曾祖母の手伝いをしてお小遣いをもらったり、近くの川で泳いだり祖父と鮎釣りをしたりして、毎日のんびり遊んでいました。近くの川は物部川(ものべがわ)という大きな川で、徳島との県境近くまでずっと遡ってゆけます。そしてその上流、物部村(現在は高知県香美市物部町)は森林面積が95%を超える山深い土地であり、なによりも山林の売り買いを生業とした祖父母が生まれ育った、つまり、僕自身にとっても源流となる土地です。

当時祖父母はすでに山を降り、町で暮らしていましたが、時折なにか用事があるらしく、親戚や昔なじみの方々を訪ねることがあり、そんなときには僕も物部村に連れて行かれました。神母ノ木(いげのき)から美良布(びらふ)を経て、どんどん山深くに入り、大栃(おおどち)という目的地に着きますが、周囲もまた別役(べっちゃく)、熊押(くもおす、山が雲を押すぐらい高いところだから「くもおす」なんだと言っていましたが本当かどうか)、市宇(いちう)といった独特の地名ばかりで、まるで別世界に来たような心地になりました。そんな折には、小さな棚田がへばりつくように僅かな耕作可能地を覆う、村のあちらこちらを祖父に連れて行かれて、かつての山での仕事や、山にすむ生きものたちのことなど教えてもらったものです。

祖父と歩いていると、紙を切って作られた人形(ひとがた)や御幣が竹に差されて立てられ、塩やお酒など供えて拝んでいる人たちがいるのに出会っては、氏神様でもお祀りしてるのかな、祖母が「何々があるき、太夫(たゆう)さんに頼まないかんちや……」などと話しているのを聞いては、神主さんのことを太夫さんと呼ぶんだなと、ぼんやり思っていました。それがそうではないことを知ったのは、ずいぶん後のことになります。

ある日、書店の店先に『土佐・物部村 神々のかたち』(INAX出版)という本がならんでいるのをたまたま見つけ、物部村って久しく行ってないあの物部村かな、と思い手に取ると、なじみのある風景、見覚えのある人形が紹介されていました。そして物部村で行われている祭祀が、文化人類学者たちに「いざなぎ流」と呼ばれていることをはじめて知ったのです。「いざなぎ流」は平安末期から中世にかけて、神道と仏教、修験道と陰陽道などが入り交じって一つの手法とテキストを作り上げた、この地域独自の民間信仰です。紙を小刀で切り、御幣や人型を作って依代とし、長いまじないのような文を唱え、祭祀を行う。長い間「いざなぎ流」を調査してきた小松和彦、そして梅野光興はその概要と信仰の対象を次のように紹介しています。

〈いざなぎ流とは、太夫と呼ばれる、この地域に住んでいる在地の宗教者たちが、いざなぎ流と称する信仰知識およびその信仰知識に基づいて宗教活動をする、その全体を表しております。知識とそれに基づく宗教的実践活動、これが、いざなぎ流ということを考えていく上での基本になるかと思います。在地とは、この土地で生まれ育ったということで、そのような者が、その知識を持っている在地の人のところに弟子入りし、その知識を受け継ぎ、また自分のところに弟子入りした人に対して伝えるという形で伝承してきたのが、いざなぎ流なのです。〉(小松和彦「いざなぎ流とはなにか」)

〈いざなぎ流の対象となるのは、物部地方に存在するありとあらゆる神霊たちである。天井裏で祭祀される天の神、オンザキ様、台所の恵比須様、火の神である愛宕様、死者の霊を神格化したミコ神などの家の神。日月祭の主神となる三日月様、お十七夜、二十三夜様などの月神。大地を司る地神、荒神、大土公、金神。山川には山の神・水神をはじめ、その眷属である山ミサキ・川ミサキなどの妖怪たち。氏神や祠、お堂の仏様まで、祀らないものはないと言って良い。〉(梅野光興「いざなぎ流 祭文と呪術テクスト」)

こどもの頃には思いもよらなかったような信仰の体系がこの地に残されていたことに驚きを覚えつつ、かつて、山には山の決まりがあるから、山への出入りの際には挨拶をする、山のものは山に返しなさい、などと教えてくれた祖父のことを思えば、なんとなく、それも当然という気がしてしまいます。この地に生きていれば自ずから抱かざるを得ない、絶えず変化する自然への畏怖心が、人々の心のうちに「内なる他者」を生みだし、さらには外部から持ち込まれた様々な信仰の形を借り、ひとつの形としてあらわれたものが人形や御幣であり、祭文であり、「いざなぎ流」なのだろうと思うから。

「いざなぎ流」には、呪詛や呪詛返し、憑きもの落としなどの伝承もあることから、呪術的な面が強調して取り上げられることもあるようです。もちろん、自然という届かない力への慰撫として行われる祭祀が通じると感じられた時に、逆に祭祀という形式を用いれば自然をコントロールできるのではないかと思い、呪術という形が祭祀と表裏一体として生まれる、というのは分かりやすい話です。ただ、現在の物部地区は、いまさら呪うような人もほぼいない、再び森に還ろうとする山村であり、太夫もまた普段は林業や農業などに従事する普通の人です。そしてもちろん、単にテキストや祭祀の形式をなぞったところで、その土地に住まないものによる呪詛など、効くはずもない。いくらテキストが整理され、神楽や音楽が記録されたとしても、祀るもの自身の内側に畏怖を含まない祭祀/呪詛は、けっきょく保存芸能になり、鑑賞の対象となってしまう。その気配は「いざなぎ流」にも忍び寄っています。

それでも、まだ、物部に住む人々の暮らしにおいて新たな御幣が生まれるときには、やはり神々は求められ、そして、それに応じて折々に神々が生み出されているのでしょう。そして、これら「神々のかたち」もまた、僕は「工芸」ではないかと考えています。神を生み出す「工芸」があり、それは「祈り」と呼ばれるのです。


『土佐・物部村 神々のかたち』(INAX出版)より

前の記事へ  次の記事へ

高木崇雄 takao takaki

「工藝風向」代表。1974年高知生れ、福岡育ち。京都大学経済学部卒業。2004年に「工藝風向」設立。柳宗悦と民藝運動を対象として近代工藝史を研究し、九州大学大学院芸術工学府博士課程修了。福岡民藝協会事務局・日本民藝協会常任理事。「青花の会」編集委員。
foucault.tumblr.com


1 鈴木召平の新羅凧 201702

2 豊永盛人の琉球張り子 201703

3 厨子甕(じーしがーみ)201704

4 藤枝守『植物文様』201705

5 石川昌浩の硝子 201706

6 那智の滝にて 201707

7 小石原と小鹿田 201708

8 聴く、解く 201709

9 HPEの豆敷 201710

10 春山慶彦・YAMAP 201711

11 珈琲美美・森光宗男 201712

12 注連縄と「配り手」 201801

13 しんがん 201802

14 いざなぎ流 201803

15 問屋は、度量 201804

トップへ戻る ▲