去る7月5日から6日にかけての九州北部豪雨は福岡県東部から大分県西部にかけて、大きな被害をもたらしましたが、それは小石原・小鹿田といった同地域の窯業地においても例外ではありませんでした。土や釉薬を作るための唐臼と呼ばれる道具が流され、採土場が崩れるなど、復旧にはまだまだ時間と人手を要し、それぞれの地域において支援が求められています。ご協力いただけますと幸いです。

さて、被災状況の落ち着かぬなか、小石原焼チガイワ窯の福島善三氏が重要無形文化財の各個認定、いわゆる人間国宝とされました。氏の作品はトビカンナなどの小石原焼と聞いて一般的に想像される技法ではなく、むしろ宋・元代の鈞窯に着想を得た、鑑賞陶器の見目の良さを実用陶器の形に託す「美術工芸」の系譜を引くものと言えるでしょう。一方、山を越えた兄弟窯である小鹿田焼は、重要無形文化財については個人ではなく保持団体として認定されており、唐臼で蹴轆轤で共同窯で……と、その仕事ぶりはずっと変わらぬ風景であるかのように見做されています。ゆえに小鹿田は「一子相伝」の伝統的な産地であり、小石原は多様に変化した産地である。しばしばそんな対比がなされます。

でも、これ、本当でしょうか。そもそも工芸において「伝統」ってなんなのでしょうか。「伝統工芸」という言葉がありますし、小石原焼もその指定を受けていますが、指定、という言葉が示す通り、地域産業振興を目的として作られた新しい概念であり、「グッドデザイン」と同じ、ひとつのブランドです。とはいえ何か参考になるかと、昭和49年に公布された「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に「伝統工芸」についてどう書いてあるか確認してみると、なんとも曖昧です。

一  主として日常生活の用に供されるものであること。
二  その製造過程の主要部分が手工業的であること。
三  伝統的な技術又は技法により製造されるものであること。
四  伝統的に使用されてきた原材料が主たる原材料として用いられ、製造されるものであること。
五  一定の地域において少なくない数の者がその製造を行い、又はその製造に従事しているものであること。

こう書いてありますが、それぞれを読んでいくと、「手工業的」とは風合いが変わらなければ機械を用いてもよく、伝統的な技術は変化を認め、原材料も無ければ近いものを使っても良い、などと留保が多く、とても厳密な定義とは言えません。もちろん、この法律は定義ではなく、経産省指定の参考となる考慮条件を列挙しているにすぎないのですから、別にケチをつけたいわけではありません。補助金行政の話をしたい訳でもありません。僕らは「伝統工芸」と「工芸における伝統」を勘違いしている、そして、ことほど左様に、伝統とは定義し得ないものであり、常に変わるものである、という話です。

小鹿田焼にしても、民藝運動との関わりが知られますが、そこから連想される日常雑器ばかりを小鹿田が焼いてきたかといえば、それは違います。かつては飯碗から茶陶まで、陶器として作れるもの、必要なものであればなんでも焼いた。なんでも焼いていたうちの幾つかを柳宗悦に見出され、その美を宋代の陶器と比しても劣らぬと称揚された。柳に誘われ、バーナード・リーチが訪ね、水差しの形を教えた。柳にとってもリーチにとっても、飯碗であろうが茶陶であろうが美しければ何の問題もなかったと思うのですが、用語としての「民藝」が俗化するうちに、柳たちがもたらした変化が以前からあったような顔をしつつ、小鹿田に雑器以外の存在は無かったこととなる。結果、柳宗悦とバーナード・リーチの存在を軸に歴史が再構築された、ということです。それが悪いのではありません。歴史は反復されるなかにおいて理念に従って純化され、物語を強化する。磯崎新が式年遷宮について次のように書いている通りです。

「伊勢神宮の式年造替の制度は、この起源にかかわる謎を見事に解いている。起源を問うな、始源をひたすら反復せよ! それこそが非可逆的な時間に対処できる唯ひとつの構築的な対応手段だったとみなしうるではないか」

そしてそれぞれの産地はそれぞれの歴史を作り続けます。近代日本が国策として生み出した「美術工芸」の影響を受け、個人の確立を試みる小石原、「民藝運動」の影響で歴史を書き換え、共同体という物語を受け入れる小鹿田、いずれも変わり続けることにおいて違いはありません。

ただ時折、作り手のなかから、その歴史の只中にあって、わかりやすい物語を自分自身に信じこませることなく、物語の齟齬を見つけ、小さな事実を積み上げ、検証する人が出てくる。強固に見える制度の中から、制度を裏切るものを生む人が出てくる。その生み出されたものが新たに歴史を変えていく。新たに産地にもたらされた手法はいつしか当然となり、次の作り手の変革を促す。このような「世代を超えた変化の継続」こそが工芸における伝統に他ならないのです。変革をもたらした作り手の名前は、残ることもあれば残らないこともありますが、変わる必要も無いものにまで変わることを求めてくる状況に対して、そんな些細なことを気にしている場合ではない。僕たちは変えられないために日々変わるしかないのです。

ここまで記し、そんな作り手の一人として、僕は小鹿田に坂本創君がいることを日々嬉しく思っています。小鹿田、そして小石原の方々が一刻も早く、憂いなく制作の場に戻ることができる事を願っています。

小鹿田焼復興支援基金募集サイト
http://ontayaki.support
(小石原)東峰村ボランティアセンター
https://www.facebook.com/tohovc/






前の記事へ  次の記事へ

高木崇雄 takao takaki

「工藝風向」代表。1974年高知生れ、福岡育ち。京都大学経済学部卒業。2004年に「工藝風向」設立。柳宗悦と民藝運動を対象として近代工藝史を研究し、九州大学大学院芸術工学府博士課程修了。福岡民藝協会事務局・日本民藝協会常任理事。「青花の会」編集委員。
foucault.tumblr.com


1 鈴木召平の新羅凧 201702

2 豊永盛人の琉球張り子 201703

3 厨子甕(じーしがーみ)201704

4 藤枝守『植物文様』201705

5 石川昌浩の硝子 201706

6 那智の滝にて 201707

7 小石原と小鹿田 201708

8 聴く、解く 201709

トップへ戻る ▲