撮影=春山慶彦

染色家・望月通陽さんを通じて知り合った若い友に、春山慶彦さんという方がいます。現在彼は「YAMAP」という、GPSと事前にダウンロードした地図によって、電話会社の電波が届かない場所でも、スマートフォンを通じて自分の位置を確認・記録できる山岳地図アプリケーション、そしてその地図を通して登山者同士が交流するためのSNSを作る会社を運営しています。登山にスマートフォンを使う、と聞くと、増加傾向にある山岳遭難と結びつけて考えられて、自然を甘く見ている、と思われてしまうこともあるようですが、むしろ彼はまったく別の視点、そしてきっかけからYAMAPの開発に取り組んでいます。

阿蘇に住み狩猟を行う叔父さんに影響を受けた春山さんは、同時にまた写真家・星野道夫氏の写真と文章に惹かれ、同志社大学を卒業後、星野氏の歩みと同じアラスカ大学フェアバンクス校・野生動物管理学部に入学。さらに星野氏と同じようにシュシュマリフ村に手紙を書き、1ヶ月ほど滞在し、その後は100人程度のアラスカ先住民が住む小さな村・デーリング村に滞在していました。村では氷が緩む初夏から夏にかけて、真白な狩装束を着て、船でアザラシ狩りに行くのですが、船には最先端のGPS装置が付いている。同行した春山さんが、海上を自由に動き回り、狩りを行う彼らにGPSなど必要なんだろうか、と思い、率直にその旨を尋ねたところ、60才を過ぎた猟師の返答は次のような言葉だったそうです。

ブリザードが吹いてもGPSがあれば必ず家に戻ることができる。GPSは宇宙の、星の視点で自分の場所を知ることができる道具なんだよ、と。

実際、ブリザードで周りが真っ白になった海上で、船に入ってくる水をバケツで必死に汲み出す春山さんが、我々はGPSだとここにいるはずだからあと30分頑張れ、と言われたことを含め、春山さん自身も少なくとも2度はGPSのおかげで助かったといいます。ただ、だからといってGPSは素晴らしい、近代科学技術万歳、という話ではありません。今日はあの種類の鳥があの場所に集まっているから海が荒れる、この雲が出る日はこの時間帯に空模様がこうなる、といった体験に基づく知恵、狩猟にまつわるさまざまな経験知は軽んじることなく世代間で受け継ぎながらも、視点を広げる道具は遠慮なく使う。そこに一切の仕切りは無く、この視野の広さこそが彼らの海上での歩みをより自由にする。彼らのそんな姿勢が、自然と人間、デジタルとアナログといった区分をつけることの無意味さを春山さんに教えてくれた、ということです。その後日本に戻り、雑誌「風の旅人」編集部で働いていた春山さんは、スマートフォンの登場と、そこに含まれているGPSの存在に気がついた時、あらためて命を守る道具としてのスマートフォンの可能性を知り、YAMAPの構想を得ました。

ですから春山さんも別に登山中にスマートフォンをずっと見たままであることを勧めているわけではありません。ただ、困った時に身を守る道具になれば、そして後から振り返って次の登山の指針となる、そしてそんな個人の経験が蓄積され、他者と共有される場となればいいだけなので、と。

このような道具観、知識であろうが技術であろうが、手近にあって使えるものならば気軽に使う、という姿勢は、ウルトラライトハイク(略してUL)、と呼ばれる、この10年ほどで広く知られるようになった登山の新しいスタイルとも共通するものがあります。ULでは、食事など消耗するもの以外の荷物を10ポンド(4.5kg)以下に留め、ロングトレイルと呼ぶ長い距離を補給しつつ歩く。荷物を軽くするのには理由があります。それは長い距離を歩くためには、あまりに多い道具を持ち運ぶことができないから。そして、これまでの登山というものが、往々にして登った「山の格」を他者に誇り、また道具を楽しむこと自体に目的がうつり、山で吸える新鮮な空気から遠く隔たった場所にたどり着いているのではないだろうか、という疑問に対する一つの答えとして。

それゆえに、ULを知って山へ行く人々は、ジップロックやパウチ加工された食品、新素材など、ふだんの生活であたりまえに使っているものを流用することに躊躇がありません。山専用の重装備で高い山に登ることができる人が偉い、といった、いわば「登山道」のような姿勢を持っていないのです。別にそれが悪いわけでも良いわけでもありません。ただ、山との付き合い方はいろいろありますよ、と彼らは考えているだけです。

もちろんULにも陥りやすい罠があり、単に軽量化を進めて、1gでも軽い道具を使うこと自体が目的になってしまうこともあります。ただ、それではこれまでの「登山道」と同じです。道具に淫しても仕方がない。道具も知識も、他者への「マウンティング」の為にある武器ではなく、不慮の危険から守ってくれる盾にすぎない。だからこそ厚すぎても薄すぎても、軽すぎても重すぎても意味がない。状況に応じて都度換装することの方が大切なのです。

いずれにせよ、YAMAPもULも、これまでに僕らが得た、巨人の肩に乗って得られる広い視野を忘れることなく、同時にあらためて今僕らが持つ技術を点検し、重くなりすぎたものはいったん外し、組み立て直す、という姿勢において共通しています。星からの視点を携えつつ、目の前の道を一歩ずつ、軽やかに進む。それは春山さんやULの足取りでもあり、「工芸的なもの」の足取りでもあるはずです。

YAMAP https://yamap.co.jp


撮影=高木崇雄


撮影=春山慶彦(以下全て)








前の記事へ  次の記事へ

高木崇雄 takao takaki

「工藝風向」代表。1974年高知生れ、福岡育ち。京都大学経済学部卒業。2004年に「工藝風向」設立。柳宗悦と民藝運動を対象として近代工藝史を研究し、九州大学大学院芸術工学府博士課程修了。福岡民藝協会事務局・日本民藝協会常任理事。「青花の会」編集委員。
foucault.tumblr.com


1 鈴木召平の新羅凧 201702

2 豊永盛人の琉球張り子 201703

3 厨子甕(じーしがーみ)201704

4 藤枝守『植物文様』201705

5 石川昌浩の硝子 201706

6 那智の滝にて 201707

7 小石原と小鹿田 201708

8 聴く、解く 201709

9 HPEの豆敷 201710

10 春山慶彦・YAMAP 201711

11 珈琲美美・森光宗男 201712

トップへ戻る ▲