「受胎告知」『ヤコブ原福音書』 16世紀 エチオピア パリ国立図書館蔵


 受胎告知図を見ていると、場面の多様さに気づきます。マリアはいつ、どこで、どうやって受胎したのでしょうか。ルカは会話を記録することに終始し、状況の詳細を記さなかったので、画家たちは受胎の瞬間をどう描くか、頭を悩ませました。


図1/「受胎告知」 4世紀末 ローマ、プリシッラのカタコンべ壁画


 現存最古の受胎告知図はシンプルです[図1]。4世紀ローマのカタコンベに残る3点の受胎告知図のうちのひとつ。着座した聖母に天使と思しき人物が右手をさしのべています。こうしたシンプルな時期を経て、受胎告知図が多様化したのは、431年のエフェソス公会議でマリアが「神の母(Theotokos)」という立場を確立してからのことです。


図2/「受胎告知」 432-43年 ローマ、サンタ・マリア・マッジョーレ聖堂モザイク


 エフェソス公会議直後に作られたローマのサンタ・マリア・マッジョーレ聖堂。聖遺物としてキリストの飼い葉桶を有する、聖母マリアに奉げられです。その内陣、祭壇のある聖域を分かつ「勝利門」のモザイク画では、「神の母」としてのマリアが綺羅びやかな衣装に身を包み、玉座についています[図2]。膝の上には赤い布。足元には籠。
 糸を紡ぐマリアの描写は、2世紀に記された新約外典『原ヤコブ福音書』に由来するもので現在は聖典と認められていないので「外典」と呼ばれますが、中世当時はギリシャ語原本からシリア語、コプト語、アラム語、ラテン語などに翻訳されるほど広く親しまれていました。その『原ヤコブ福音書』によると、天使は2度、マリアのもとを訪れています。最初はマリアが水汲みをしているとき。この場面を描いている珍しい例が、ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館所蔵の象牙彫りです[図3]。


図3/「泉での受胎告知」 象牙 7世紀 ヴィクトリア&アルバート美術館蔵


 マリアは、泉のそばにかがみこんで壺を水で満たしているところでした(左端)。天使の声に振り返ります。『原ヤコブ福音書』には、背後から突然呼びかけられたのに声の主が見当たらず、マリアは怖くなって家に急ぎ帰るとあります。家に帰り、神殿の聖所を仕切るための紫の布を織りはじめたとき、天使が再び現れて「ルカによる福音書」に書かれていることが起きるのです。


図4/「受胎告知」 1200〜1210年 アッピアーノ城付属礼拝堂フレスコ画


 西ヨーロッパで読書中のマリアが受胎告知図の主流になるのは、11世紀以降です。『原ヤコブ福音書』の記述にならって、布を織る、糸を紡ぐマリア像も見かけます。南チロルの山上にある小さな礼拝堂の受胎告知図では、糸巻きを手にしています。『原ヤコブ福音書』でマリアが作るのは神殿の垂れ幕となる紫の布ですが、西ヨーロッパの受胎告知図では白い糸も多く、神殿用の布ではなく、キリストの死衣を作っているという解釈もあります。


図5/「編み棒(?)をもつ受胎告知」 聖十字架の聖遺物入れ蓋裏(部分)
コンスタンティノープル 9世紀初 メトロポリタン美術館蔵


 時代や場所によって「布作り」の表現はさまざまです。編み棒らしきものを持っていたり[図5]。アイスクリームみたいな糸籠がちょこん。天使は地獄のミサワ似……。


図6/「受胎告知図」 コプトの聖書 エジプト 12世紀 パリ国立図書館蔵


 コプトの聖書のマリアは、一心不乱に糸を撚っていて、天使の来訪にまだ気がついていないようです[図6]。ねっとりとした羊毛が撚られて糸となり、糸玉がぶらんとしている細部がなんともリアル。穏やかな時が流れているのを感じます。


図7/「受胎告知」『心の巡礼』 15世紀半ば パリ国立図書館蔵


 ゴシック期になると、本格的な織機に向かうマリアの姿も見られます[図7]。
 布や糸をつくるという女性の仕事にいそしむ「働き者のマリア像」。その一方で、11世紀以降の西ヨーロッパではマリアの敬虔さを印象づけるために、聖書や祈祷書を片手に祈祷するマリア像も11世紀頃から現れ、主流となりました[図8]。


図8/受胎告知『セントーバンズ詩編』1120年代 イギリス、セントーバンズ
ヒルデスハイム、ザンクト・ゴットハルト聖堂蔵


前の記事へ  次の記事へ

金沢百枝 momo kanazawa

美術史家。東海大学文学部ヨーロッパ文明学科教授。西洋中世美術、主にロマネスク美術を研究。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。理学博士・学術博士。2011年、島田謹二記念学藝賞。著書に『ロマネスクの宇宙 ジローナの《天地創造の刺繍布》を読む』(東京大学出版会)、『ロマネスク美術革命』(新潮社)、共著に『イタリア古寺巡礼』(新潮社)。「青花の会」編集委員。
twitter:@momokanazawa


1 受胎告知1 20150415

2 受胎告知2 20150515

3 受胎告知3 20150620

4 受胎告知4 20150810

5 受胎告知5 20150917

6 ご訪問 20151026

7 降誕1 20151224

8 降誕2 20160222

9 降誕3 20160331

10 降誕4 20160511

11 羊飼いへのお告げ 20161017

トップへ戻る ▲